社畜サラリーマンが副業のインターネットビジネスで自由な人生を手に入れるための情報を発信しています。

成功する人のお金の使い方

どうも、征矢です。

 

この記事では、成功する人のお金の使い方について解説していきます。

 

 

世の中に「成功者」と呼ばれる人はたくさんいます。

(ここでは「ビジネスでの成功者」としておきます)

 

で、彼ら成功者(成功する人)は、

お金というものに対して一般大衆とは違った考え方を持っているんです。

 

このお金に対する考え方は非常に重要で、人生レベルで影響するもの。

成功したければ、成功者と同じ考え方を持つのが手っ取り早いです。

 

彼らがお金についてどのように考え、お金をどのように使っているのかを見ていきましょう。

 

 

 

成功する人のお金の使い方

 

お金の使い方(パターン)

 

まず、お金にはどのような使い方があるのかですが。

 

・消費

・貯金

・浪費

・投資

 

この4つのパターンに分けられます。

 

説明不要かとは思いますが、一応。

 

消費:食べ物や生活必需品、娯楽など、生活に必要な物やサービスなどを買うこと。

 

貯金:銀行口座や貯金箱などに、使わないお金を貯めておくこと。

 

浪費:必要以上に消費したり、不要な物を買ったりしてお金を無駄に使うこと。

 

投資:将来、より大きな金額(価値)となって返ってくることにお金を使うこと。

 

 

成功する人と一般大衆では、この使い方に違いがあるわけです。

 

 

成功する人と一般大衆との違い

 

まず一般大衆から見ていきます。

お金の使い方をグラフで表してみると、こんな感じでしょうか。

 

 

個人差はあると思いますが、消費が大半を占めて、残った分で貯金、余ったら好きなことに使う…

みたいな感じです。

 

投資の割合がかなり低いですが、ここを意識的に使っている人はあまり多くはないんじゃないでしょうか。

 

 

では今度は、成功者のお金の使い方を見てみます。

 

 

 

投資の割合がガバッと増えましたね。

 

消費はどうしてもある程度必要ですが、貯金と浪費は極端に少ないです。

 

 

どうしてこのような差が生まれるのでしょうか。

 

大きな違いのある「貯金」「浪費」「投資」の3つの観点から考えていきます。

 

 

<貯金の考え方>

 

世間的には、貯金は「良いこと」「やるべきこと」「貯金はあればあるほど良い」という風潮ですよね。

 

親は「ちゃんと貯金してるのか」とか言うし、テレビでも「老後のための貯金」の話題はよく耳にします。

 

確かに、不慮の事故とか急病で入院したりと、突然ある程度まとまったお金が必要になることもあります。

なので貯えをしておくのは大事なことです。

 

 

ですが。

 

「お金は社会にとっての血液」

 

と言われるように、本来お金とは流通するべきものです。

貯蓄額が増えれば増えるほど、血液(経済)は停滞して社会は不健康な状態になります。

 

本質的には、お金は「使うもの」であって「貯めるもの」ではないんです。

 

 

そのくせ、「貯金は正義」みたいな風潮があります。

別に貯金することが悪いわけではありません。

 

ですが、無目的に、盲目的に貯金をする人がいるのが事実。

 

生活を切り詰めて、毎月の給料のほとんどを貯金して、口座残高を確認してはニンマリしてる人とか、

ちょっとどうなのと。

 

 

その点、成功する人は貯金についてあまり意識しません。

というより、「貯金することに大した意味は無い」と考えています。

 

貯金するよりも、自分にとって価値のあることに使った方が遥かにメリットがあると理解しているんです。

 

彼らは「お金を生み出すこと」にお金を使います。

貯金なんかしなくても、お金は生み出せばいい。

そのためにお金を使うんですね。

 

詳しくは、投資の考え方で解説します。

 

 

<浪費の考え方>

 

次に浪費です。

 

一般大衆としては、浪費はつきものですよね。

ついつい買いすぎてしまったり、全然いらない物を勢いで買ってしまったり。

 

まあそれがストレス発散だったり、モチベーションアップに繋がっているのならいいんですが。

 

本当に無意味な、ただの「散財」であるのなら、止めるべきです。

 

 

成功する人は、この浪費を極端に嫌います。

例え100円といった少額でもです。

 

一般大衆からすれば、

 

「金持ってるんだからそれくらいいいだろ、ケチ」

 

という感想が出るかもしれませんが、そうではありません。

 

彼らは徹底して、お金の使い道を選択しています。

自分にとって無意味な、無価値なことには使わないんです。

 

その代わり、価値があると思ったものには惜しみなく大金を使います。

 

自分にとって価値があるのか無いのか。

この判断をシビアに行っているんですね。

 

 

<投資の考え方>

 

そして投資についてです。

 

一般的には、投資という考え方はあまり好まれないイメージです。

勝つか負けるか分からないギャンブルのような印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

それもあってか、投資というと

 

「怪しい」

「詐欺じゃないの?」

 

と、警戒心が働いて拒否反応を示す人もいます。

 

一般的にやっている投資とえば、投資信託とか、資産運用のプロに任せるとかです。

 

 

ところが成功する人たちは、投資に関して大きく違った考え方を持っています。

さっきのグラフを見てわかるように、成功者は投資に対して非常に積極的です。

 

彼らの投資とは、あらゆるものに及びますが、中でも大きいのが「自己投資」です。

 

 

本やビジネス教材、セミナー、新しい体験、人脈作りなど、「自分自身の価値を高める」ことにバンバン投資を行うんです。

本も教材も飲み会も、一般的には単なる消費に分類されるものを、彼らは投資として考えます。

 

なぜこんなに自己投資に力を入れるのか?

 

それは自分自身への投資ほど、投資効果の高いものはないから。

 

学んだら学んだ分だけ、自分は成長して価値が上がります。

そうすれば他者に価値をどんどん提供できるようになり、投資した以上のお金が戻ってくることを彼らは知っているんです。

 

なので貯金や浪費などよりも、投資に力を入れるんですね。

 

これが成功する人のお金の使い方です。

 

 

ぜひ彼らのお金の使い方を参考にして、今後の生活に活かしていくことをオススメします。

 

〜無料メルマガやってます!今なら大ボリュームのアフィリエイト教科書を無料でプレゼント中!〜

関連記事

コメント

    • アキモト
    • 2017年 2月 21日

    ブログ拝見しました。アキモトと言います。
    おっしゃる通りだと思います。
    よく貯金が趣味と言う人がいますが、何の意味があるのだろうと思ってしまいます。
    綺麗事かもしれませんが、お金は極力、自分の向上の為に使いたいです。
    また、よらせていただきます。

      • 征矢高志
      • 2017年 2月 21日

      アキモトさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!

      そうですよね、自分の価値を高めるために使うべきだと思います。

  1. こんちわ~!
    はじめまして、
    隆です。
    そうですよね^^
    お金の使い方って、
    人によって全く違います。
    ましてやお金もちともなれば。
    参考になりました。
    有難うございます。

      • 征矢高志
      • 2017年 2月 21日

      冴木さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


初心者が副業でゼロから稼ぐための無料教材

 

「Blog Master Bible」
当教材は、ネットビジネス初心者がゼロから月収10万円を稼げるようになるためのアフィリエイト教材の決定版です。

ネットビジネスの基本的な知識や考え方から、具体的なブログの作成方法、アクセスの集まる記事の書き方などを100本以上の講義でレクチャーしています。

サラリーマンから主婦まで、副業を考えている方に最適な教材です。

⇛無料ダウンロードはこちら!

管理人プロフィール

どうも、征矢(そや)と申します。

現在、サラリーマン生活をしながら副業のインターネットビジネスで月に10万円以上稼いでいます。

毎月の預金残高を気にしなくなり、社畜のような生活からオサラバ。さらなる自由を求めて独立準備中。

このブログでは、ネットの世界で収入を得る方法について発信してます。

好きなもの:
ネコ、カレー、ガンダム、モノ作り

嫌いなもの:
パクチー

⇛詳しいプロフィールはコチラ

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。

記事がお役に立てたら、クリックお願いします!


ブログランキング
 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村
 

ワードプレスの使い方講座

gatag-00010569

ワードプレスの使い方について詳しく解説しています。

⇛こちらをクリック


内容は随時更新中!!

質問・相談・お問合せ