Googleアドセンス

記事にアドセンスを設置できるプラグイン「AdSense Plugin WP QUADS」の導入と設定

どうも、征矢です。

 

この記事では、記事の好きな場所にAdSenseを設置できるプラグイン「AdSense Plugin WP QUADS」の導入と設定方法について解説していきます。

 

Googleアドセンスの設置といえば、今までは「AdSense Manager」っていうプラグインだったんですが。
このプラグインがもう5年以上更新されてなくて、新しく導入しようとするとうまく動かなかったり、Wordpressのバージョン5に対応してなかったりといった問題があるので、代わりのプラグインとして「AdSense Plugin WP QUADS」をオススメします。

 

機能的にはAdSenseManagerと似たような感じなので、乗り換えで使う人も特に違和感なくいけると思います。

 

「AdSense Plugin WP QUADS」の導入と設定方法

AdSense Plugin WP QUADSのインストール

 

まずは、ワードプレスの管理画面を開いてください。

 

左メニューの「プラグイン」から「新規追加」をクリックしてください。

 

 

画面右上の欄に「AdSense Plugin WP QUADS」と入力し、下に表示されたAdSense Plugin WP QUADSの「今すぐインストール」をクリックしてください。

 

 

インストールが完了したら「有効化」をクリックしてください。

 

 

これでインストールは完了です。

 

 

AdSense Plugin WP QUADSの設定方法

 

インストールと有効化が完了したら、AdSense Plugin WP QUADSの設定です。

 

ワードプレス管理画面の左メニューに「WP QUADS」という項目が追加されていますので、その中の「Ad Settings」をクリックしてください。

 

 

 

「ADS」をクリックしてください。

 

 

「Ad1」をクリックしてください。

 

 

設定画面が開くので、「Plain Text/HTML/JS」にチェックがついていることを確認し、その下の枠にGoogleアドセンスのコードを貼り付けてください。
アドセンスコードの上には<center>スポンサーリンク</center>というコードを入れておくと便利です。

その下のLayoutでは、真ん中の中央揃えにチェックをつけておくといいです。

完了したら一番下の「変更を保存」をクリックしてください。

 

 

設定は以上で完了です。

 

 

記事にGoogleアドセンスを貼り付ける

 

設定が完了したら、記事にGoogleアドセンスを貼り付けていきます。

 

先程の設定画面にあった「Post Shortcode」という欄に記載されているコードをコピーして、記事本文の好きな位置に貼り付けるだけで
Googleアドセンスを表示できます。

 

 

このコードを記事の好きな位置に貼り付けます。

 

 

実際に記事を見てみると、このようにGoogleアドセンスが表示されています。
(モザイクかけてます)

 

以上で完了です。

 

コードについては、毎回コピーして貼り付けしてると面倒なので、ユーザー辞書登録を使ったり、「AddQuicktag」というプラグインを使うと便利ですよ。

 

〜安定的に収入を得る資産の創り方を無料で配信してます〜