Tips

オススメToDoリストの活用方法【Googleカレンダー】

どうも、征矢です。

 

ビジネスシーンでも日常生活でも、やるべきことを忘れないために

ToDoリストを使っている人も多いと思います。

 

ただなんとなくいまいち使いこなせてないとか、

使い始めたけど続かない、

といった方もいます。

 

僕もToDoリストのアプリを使ったことがありますが、

そのうち使わなくなってやめちゃった経験があります。

 

また、会社の仕事では使うけど、プライベートや副業に対しては使わない…

なんて場合もありますね。

 

そこでオススメなToDoリストのツールと、

使い方の紹介をしたいと思います。

 

 

ToDoリストの活用方法

 

なぜToDoリストを使うのか?

 

ToDoリストですが、そもそも何のために使うのか目的をハッキリさせておきましょう。

 

1つは、「すべきことを忘れない」ため。

 

これは誰しもが納得するところだと思います。

人間は忘れっぽいので、紙でも何でも、記録しておかないと忘れてしまいます。

 

 

そしてもう1つ、大事な目的があります。

 

それは「期限を設定することで強制力を働かせる」ため。

 

人間は楽をする生き物ですから、期限を決めていないことは先延ばしにします。

やらないといけないと分かっていても、必要に迫られないとやらない。

 

あなたも経験ありませんか?

(僕はしょっちゅうです…)

 

てことで、

 

「やろうと思ってたことを忘れてしまう」

「やろうと思ってもなかなかできない」

 

と悩んでいる人は、ぜひToDoリストを使ってみてください。

 

 

で。

僕は、ToDoリストにGoogleカレンダーを利用しています。

 

Googleカレンダーはカレンダーの機能だけじゃなくて、

ToDoリストの機能も持ってます。

 

カレンダーと併用しながらToDoリストを使うことで、

 

・いつまでに

・何をする

 

が明確になるので非常に便利でオススメです。

 

 

GoogleカレンダーのToDoリストの使い方

 

GoogleカレンダーのToDoリストを使うには、Googleアカウントを持っている必要があります。

 

まだ持っていない方は、こちらの記事を参考にして

アカウントを作成してみてください。

⇨Googleアカウントの取得方法

 

 

アカウントが取得できたら、Googleにログインして右上のアイコンから

「カレンダー」をクリックします。

 

 

Googleカレンダーが開きます。

 

 

画面左の「リマインダー」にカーソルを合わせ、▼ボタンをクリックし、

「[ToDoリスト]に切り替える」をクリックします。

 

 

すると、「リマインダー」が「ToDoリスト」に変わり、

画面右端にToDoリストを入力する枠が表示されます。

 

 

ToDoリストの枠で、タイトルを入力して、期限を設定します。

 

 

 

「リストに戻る」をクリックすると、リストに戻ります。

 

 

同じようにして、いくつもToDoリストを作成することができます。

 

カレンダーの期限の日には、このようにToDoが表示されています。

 

 

ToDoリストの活用

 

じゃあ、具体的にどうやってToDoリストを活用していくかを説明します。

 

まずToDoリストの作り方としては、

 

・長中期的なToDo

・短期的なToDo

 

の2種類を作ります。

 

長期的なToDoはどこまでの期間で考えるかは人それぞれですが、

例えば1年の目標を立てるときに、「今年達成したいこと」を

長期的なToDoとして設定するのもいいですね。

 

僕の場合は、1ヶ月単位で中期的なToDoリストを作成します。

この1ヶ月で達成すべきことを可能な範囲で設定するわけです。

 

このリストは出来る限り、具体的な短期目標にしましょう。

例えば「30日までにブログを25記事書く」といった具合。

 

 

長・中期的なToDoリストができたら、次はそれを達成するための

さらに具体的な手順を短期的なToDoに落とし込みます。

 

さっきの「1ヶ月で25記事書く」というToDoであれば、

25記事書くために「いつ書くか」を詳細に設定していくわけです。

 

「1記事書く」という短期的なToDoが25個できますよね。

こんな感じです。

 

短期的なToDoは、パッと見てすぐに取り掛かれるくらい

具体的で細かく設定しておいた方がいいです。

 

「記事を書く」⇨「◯◯についての記事を書く」

「本を読む」⇨「△△を読む」

 

という風に、「ToDoにあるけど、どうしよう」と悩まなくて済むように

詳細な内容にしておきましょう。

 

 

Googleカレンダーと併用することで、ToDoも日付に合わせて一覧化できるので便利です。

カレンダー右上の「月」をクリックすることで、週間カレンダーから月間カレンダーに変更することができるので、

ToDoの締め切りがハッキリします。

 

 

 

こうやって毎日カレンダーを見るようにすれば、ToDoが嫌でも目について

忘れることはありません。

 

スケジュール管理とタスク管理が同時に行えるので、わざわざ別のToDoリストアプリを使うよりも効率的です。

こういったツールはできれば1つに集約した方がいいですからね。

 

 

 

以上、ToDoリストの活用方法でした。

ぜひ参考にしてみてください。

 

〜安定的に収入を得る資産の創り方を無料で配信してます〜